【1890万件】甲府安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

甲府で小学校の転校手続きについて

2.png引越しが決定した際、子どもがいるなら転校のための手続きが必要となります。

この手続きは、あちらこちらへ行かなければいけませんし、必要な書類も多く分からないことも多いと思います。
急に決まった転居だったりすると、新しい住所が分からないこともありますが、大事なポイントを抑えれば苦労せず転校手続きをとることが出来ると思います。

こちらでは、実際に子供を転校させた経験のあるサイト管理人が、わかりやすく手続きに関するポイントをご紹介します。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.個人的な事情で、転校先の部屋がまだ決められていません。転校の手続き等は進めることが可能でしょうか。

A.転校とは仕方なくする場合もあるので、特例で認められることがあります。例を挙げると、暴力やストーカーの被害で住所を変えたいが、固定住所はまだ決定できない場合です。特例が認可されています。即座に相談してみましょう。
他にも、特認校と呼ばれる小規模校があります。離れた住まいからでも通える運営体制になっています。

Q.転校手続きをするにあたって、学校・市役所・教育委員会に娘も同席させたほうがいいでしょうか。

A.転校前の学校には保護者のみで連絡を行い、書類関係等した方がいいでしょう。いつのタイミングで転校するかをクラスに言うかなど、先生と打ち合わせが必要となるため、その場に子どもがいると相談しづらくなります。
新しい学校では子どもと先生、お互いがどんな人か気になるでしょうから、連れていくのが良いです。ただし何か伝えることがあれば先生に伺って、別で会いましょう。

甲府の教育委員会
住所:山梨県甲府市丸の内一丁目18番1号
電話:055-237-1161(代表)
 

Q.公立から私立には転校OKですか?

A.転校はできますが、通常私立の方がカリキュラムが早く進む可能性があります。転校してからきちんと学習状況の把握は必須になりそうです。


急な場合はしょうがないですが、中でも区外・市外への転校の際は、転校手続きに何日もかかってしまう事が多いです。更に母親も父親も働いているケースだと、必要な書類のやり取りなど平日にはするのが難しく「この続きは1週間後」などとなってしまい、うまく進まないこともあります。

引っ越し日の1週間前までに転出届の提出を終え、新しい家に住んだら14日以内に転入届、そのタイミングで学校への届け出も済ませないとならないのです。

教科書などをチェックしたり、時間がいくらあっても足りない!という状況になりますので、急を要する場合、小学校の夏や冬の長期休みにするのが一番と言えますね。

夏や春そして冬の長期休暇でゆとりを持って手続きを済ませながら子供の様子をよくチェックし、ケア・フォローしていくのが大切かと思います。
kobetete.png